ホーム > 最新情報 > 令和6年2月1日(木)~29日(木) 第16回特別企画展「徳島大空襲~戦時とは~」開催

最新情報

令和6年2月1日(木)~29日(木) 第16回特別企画展「徳島大空襲~戦時とは~」開催

徳島県戦没者記念館 第16回特別企画展

「 徳島大空襲 ~戦時とは~ 」

1 開催主旨

昭和19年(1944年)8月、日本は北マリアナ諸島を失い、翌年3月には硫黄島を失って、連日のようにB29爆撃機の空襲を受けるようになった。東京、大阪をはじめ全国の都市が次々と焦土と化した。

そして昭和20年(1945年)7月4日未明、徳島市にB29爆撃機が襲来した。「徳島大空襲」である。

今回の特別企画展は、当時の写真でその実相を伝えるとともに、往時の徳島の様子、人々の暮らしをお伝えします。この企画展を機会に、戦争と平和について考えてみませんか。

 

2 主  催 一般財団法人徳島県遺族会、徳島県戦没者記念館奉賛会

                        歴史と文化のまちづくり会議

3 協  力    徳島県立博物館、株式会社 国際

       一般社団法人徳島新聞社(動画提供)

 

4 開催期間 令和6年2月1日(木)~2月29日(木)

       観覧料は無料

    

5 開催場所 徳島県戦没者記念館 -あしたへ-

        〒770-8021 徳島市雑賀町東開21-1  ☎088-636-3212

 

6 展示内容(予定)

・写真パネル(戦前、戦中、戦後の徳島の姿)

・現物資料(焼夷弾、空襲遺物など)    

・書籍の紹介(報道記録、戦中戦後の暮らし)

・映像の上映(証言記録、戦史記録)など

 

tokubetutennposuta-.jpg

  2024/01/16   徳島県遺族会職員01

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください