ホーム > 最新情報 > 10月16日(金)「出征を見送る家族の像」靖國神社への奉納除幕式典

最新情報

10月16日(金)「出征を見送る家族の像」靖國神社への奉納除幕式典

「出征を見送る家族の像」除幕式典

 一般財団法人徳島県遺族会は、戦没者の慰霊と戦没者を見送った家族の「切なる思い」を顕すため、皆様のご厚志をいただき、「戦没者を見送った家族像」を、戦没者の顕彰と悲惨な戦争・平和の大切さを語り継いでいくための施設「徳島県戦没者記念館-あしたへ-」に隣接した地に、平成29年12月20日に建立いたしました。

 この家族像の建立は、戦没者の父や母、妻、子供たち家族の気持ちを顕彰し、「決して戦争をしてはならない。二度と繰り返してはならない。」との思いを込めたものであり、全国で初めての取り組みとして、多くの方にお問い合わせ等をいただいております。

戦後75年にあたる今年、この本会遺族の思いを全国に届けるため、新たに家族像を制作し、御英霊がお祀りされている靖國神社へ奉納を行うこととし、靖國神社と協力しながら、同神社境内において建立を進めてまいりました。

 つきましては、この像の完成をうけ、下記のとおり除幕式を執り行わせていただきます。

 

「出征を見送る家族の像」除幕式

1.日時

    令和2年10月16日(金)

  受  付:   9:00

  開  式:10:00

  閉  式:11:00

2.場所

  東京都千代田区九段北3-1-1 靖國神社  

3.次第

(1)除幕清祓式 10:00から

  ① 開式の辞

  ② 靖国神社宮司挨拶

  ③ 除幕

  ④ 清祓

  ⑤ 徳島県遺族会会長挨拶

  ⑥ 来賓挨拶

  ⑦ 来賓紹介

  ⑧ 閉式の辞

 

(2)昇殿参拝及び直会 11:00から

  ① 昇殿参拝

  ② 直会

 

制作中の靖國神社に奉納される像(9月26日時点)

image0.jpeg

 

  2020/09/13   徳島県遺族会職員01

この記事へのコメント

≫ 吉岡
この度、靖国神社に建立される家族の像は、護国神社に建てられている家族の像とは少し違って父親メインと地区会長から聞かされた、戦没者は独身者が圧倒的に多いことを考えるとどうかと思う。遺族にどのような像なのか周知徹底もなされていなかった。また、製作費用も地区会長の話と新聞紙上の金額に大きな差異がある。さらに、75年記念誌は来年3月発刊なのに記念誌代金を、この10月末迄に集金するように地区会長から指示が有った、記念誌はまだ出来てないのに集金するのかとの反発もあった、悪く解釈すれば、記念誌代金の一部を像建立の費用に流用するのではないかとの疑念が湧いてくる。透明性のある遺族会運営をして頂きたい。

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください